とうちゃんの日記

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/12日足尾

前日の宴会は熱燗しか飲まなかったので頭はスッキリ。
(僕は弱いので焼酎に手を出したらイチコロです)
6時に起床し、朝飯のパスタを茹でつつ山を見るが、前日の予報通り曇り空…
お昼頃から晴れるとの予報を信じ9時半過ぎバスに乗りテイクオフへ。
たまに日が差す程度の中、ゆっくり準備したあと暫くウエイティング。
キムニダさんの減率予報によれば1200m位に強い逆転層があるらしいが
それだけ上がればXCには十分だ。風は南風だしあとは日照だけである。
この日の大会タスクは燕→足尾→横岡ゴール(80km付近)の様なので
選手に付いて行けば距離を伸ばせそう。
11時過ぎになりCOOの大会選手がテイクオフし出したので、前山が混雑し出すのを嫌い
僕もテイクオフ。出てみると雲低は低く700~800m程度ですぐに雲中飛行になってしまう
大会のガーグルに飲み込まれながら我慢の飛びをすること約1時間。
ようやく950mくらいまで上がり、燕に行ってみると、南の吹き抜けにハマってしまった。
このまま粘っていたら低いまま、北にこぼれてしまいそうだったのでなんとか
足尾山に戻り仕切り直し。それから40分後の1時20分に燕1050mで北に向けスタート。
50号の近く羽黒山で弱いサーマルを引っ掛け860mまで戻し高峰の東に移動
するが、僕は上がらずに右往左往し集団に置いていかれた。同じく置き去りになったトリトンと
2機で30分かけて上げなおし。雲低に着けると運よく、雲が茂木付近まで繋がった!
雲低を伝い茂木変電所まで移動して上げ直して北上。烏山の手前に有るゴルフ場で
1100mまで上がったところでトリトンと別れて今度は烏山エリアの近くで上げている
アイスピークと合流した。この頃東の山を高い高度で飛ぶ集団を発見。
雲低が平野よりもかなり高い様なので、僕も少しずつ上げながら北東へ進んでいくと、
この日最高高度の1450mまで上昇!北上を開始したが、僕がよく陥るパターン
(最高高度まで上がった後、気が大きくなり、次の行動をあまり考えず走り、刺さる…)
に嵌ってしまい、次のサーマルポイントまで届かぬまま16時過ぎにランディング。
コースを考えて行けば、コンディション的にはまだ飛べたと思うので、ちょっと残念でした。

トラックログ


 
Comment
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。