とうちゃんの日記

 
 
 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XC-trainer→GpsDumpの通信方法

①以下のページからGpsDumpのLatest versionをダウンロード
 http://www.multinett.no/~stein.sorensen/

②WindowsのデバイスマネージャーCOMポートのプロパティーでXC-trainer
 を接続したCOMポートの速度を57600ビット/秒に変更しておきます

③GpsDump***.exeを立ち上げる

④Miscをクリックしメニューの1番上[Set COM port]をクリックし
 XC-trainerを接続したCOMポートを選択

⑤XC-trainerの日本語マニュアル(12)に従いデータ転送画面を表示し
 MXP 1s 57K~MXP 10s 57K何れかを選びます
(MXP 1s 57Kは1秒1ポイント MXP 10s 57Kは10秒1ポイント)

⑥GpsDumpの画面に有る[XC Trainer(MXP)]ボタンを押し
 Waiting for dataと表示が出たらXC-trainerから
 データを送信してください

⑦GpsDumpの状態表示がWaiting for dataから0points receivedになってしまうと
 送信できなくなってしまうので再度④の操作からやり直してください

⑧GpsDumpにデーター転送が終わったら、EditをクリックしSelect allで
 ログデータ全体を選択しFileメニュー内のSave log As...をクリック
 GPXfiles(*.gpx)で名前を付けてセーブ。
 GPXファイルはカシミールで見る事が出来ます。

⑨GpsDumpにデーター転送が終わったら
 GpsDumpの画面右上に有る、Savelog(FlightData)をクリックすると
 Flight statistics画面が出ます。画面中央にデータが表示されたらSaveボタンを
 クリック任意のファイル名でkmlファイルのセーブしてください
 (画面中央にデータが表示される前にSaveボタンを押すとエラー終了する場合があります)
 kmlファイルはGoogle Earthで見る事が出来ます。
 
Comment
 
ダウンロードできました。ありがとうございます。
  [URL] [Edit]






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。